SENNHEISER HD660S (2)

100時間程ならしてみた後の感想です。

  • 最初の印象と同じく、傾向はHD650よりHD598の方が近い。
  • 音場HD650より狭い。かなりニアフィールドで鳴っている。HD650がホールだとするとHD660Sはスタジオで鳴らしているような感じ。
  • 高音がHD650より出るため音量はHD650より控えめになる。→ズシンとくる音圧はあまりない。
  • HD650よりオールラウンダー。立ち上がりの速い音にも対応。
  • 側圧の強さは慣れました。ややキツイ部類だけどずれたりしないので良い。

HD650とHD660Sどちらが好きかといわれると、優等生のHD660Sよりも、ハマった時の音場の広さ、音圧のあるHD650の方が好きです。

SENNHEISERのヘッドフォンを持っていないならおススメだけど、HD650を持っている場合にはあまりおススメはしにくいです。ただ、HD598を持っていたら上位バージョンとして買うのはアリだと思います。

 

 

SENNHEISER HD660S

SENNHEISERはHD580を皮切りにHD650(前期型)、HD600、HD595、HD25、HD650(後期型)、HD598、HD25 Aluminumと歩んできましたが、やっぱり買ってしまいましたHD660S。
箱はいつものSENNHEISER

HD580/600から続く伝統なのでしょうか。

今回は変な臭いがない。SENNHEISERぽくない気がします。

HD650(後期型)とともに。艶のある塗装からつや消しになりました。個人的には650の方が高級感があると思います。
側部のネットの形状が変わっています。ネット後方にへこみができ、SENNHEISERのロゴがつきました。

第一印象

高音 HD650より出ています。クリアで刺さりがなく聴き疲れはしにくいタイプだと思います。
中音(ボーカル) HD650と比べ籠りが少なくなった分音場がちょっと狭くなったような気がします。
低音 HD650癖がないため聴きやすいです。ドンではないけど十分出ています。
音漏れ × オープンタイプなので普通に漏れます。
装着感 新品なのでちょっと側圧がきつめ。いずれ慣れるでしょう。ヘッドパットはHD650と同等だと思います。

聴き始めて思ったのが、HD598の上位バージョンではないかという事です。HD650とは毛色が違う感じで、HD650と使い分けができそうです。
エージングで音が変わっていく可能性が高いので、聴き込んでからもう一度評価してみようと思います。

B&O PLAY Beoplay H5


B&Oのブルートゥースイヤホンを購入しました。

第一印象

高音 非常にクリア。ただししっかり装着できていないとシャリ付きます。
中音(ボーカル) 女性ヴォーカル物はかなり良いです。ブルートゥースのイヤホンの中ではかなり良いと思います。
低音 実際は結構出ているのですが、ちゃんと装着しないと全然出ていないように聞こえてしまいます。チップの大きさと装着位置をしっかり合わせればなかなかのモノ。
音漏れ 耳栓タイプなのでほぼ漏れません。遮音性は結構よい方です。
装着感 × 自分にぴったり合うチップを選ばないと低音が全く出ません。タッチノイズも大きいです。リモコンのボタンは押しにくいのもマイナスポイント

とにかく装着位置:チップの大きさのフィットに尽きると思います。しっかり合わせないとただ高音がシャリついたイヤホンになってしまいます。
iPod touch 第6世代で使っていますが、バッテリーの減り具合も表示されるのがなかなか良いです。

時計が増えてきた

数か月前からちゃんとした時計をしようと調べ始めたら予想通りハマってしまいました。精密機械は男の夢なんですよね、車・バイク、カメラ、オーディオ...


という事で現在のラインナップを紹介
メインはcitizenのf100、後継機種も出ていますがラグの形に一目ぼれして買ってしまいました。

空が見える場所ならGPS衛星で時刻合わせできる優れもの。
特に自分の住んでいる部屋は電波時計が全然合わないので電波式ではなく、GPS衛星式にしました。これが自分のマスタークロックです。


サブ機3台、左からkristiankiel ceramic-chrono A3101、タグ・ホイヤー アクアレーサー グランドデイト CAF101F.BA0821、BULOVA KIRKWOOD 63A122

一番左のceramic-chronoは謎多きクォーツクロノグラフ時計で、うちの親がドイツへ行った時の土産。去年はHPに載っていたけど廃盤らしくページがなくなってしまいました。止まってしまったので電池交換をお願いした所、実はリューズしっかりねじ込まれていなかったらしくそこから湿気が入ったみたいで修理する事に。修理受付者にもこの時計の事を聞いてみましたが、この時計のメーカーもモデルも不明との事*1。ムーブメントはかなり流通しているisaswissの8172-220らしく普通に修理*2してもらえる事に。直ったばかりで生きがいいのか月差-3秒という所です。

真ん中はタグ・ホイヤー アクアレーサー グランドデイト CAF101F.BA0821。ムーブメントはRONDAの5040.B、こちらも流通しているムーブメントなので壊れてもエドワーズクラブ以外でも中の修理はやって貰えそうです。月差はほとんどなく、合わせてから1カ月経ってもF100の秒針と同じ場所を示しています。

一番右はBULOVA KIRKWOODのスケルトンモデル63A122。12字の所がBULOVAのマークになっているものが旧型、XIIになっているのが新型*3です。うちで唯一の機械式、ムーブメントは sellita SW200。スケルトンなので中で動いているのが分かります。精度は月差+4秒辺りです。革ベルトの取り付け部がピッタリサイズなため、社外品のベルトを付けるとケースの高さがかなり目立ってしまいます。ボンベ仕様のベルトなら違和感がなくなるのでしょうか?

*1:自分で調べてみるとSWISS MILITARYのELEGANT CHRONOに似ているのでおそらくその辺の派生モデルではないかと

*2:といっても2カ月ほどかかりました。

*3:新型になった時に機能は変わらず、AccuSwissブランドに移行し値段がドンと上昇したらしいです。

入らない電波を改善

本来ならいつでも正確な時間を表示してくれる電波時計ですが、電波が入れなければただのクォーツ時計です。
今住んでいる場所が大きな道路に面していて廻りはビルだらけ、おまけに車両基地まであるためかなかなか*1電波を拾いません。
今まで3つの電波時計を使っていましたが、受信しやすさはCITIZENネムリーナリング4RL432 > SEIKO SQ766 > SEIKO DL206という感じです。
そこで何とかならないかと思い調べた所、NTPリピータなるものが...でもなかなかお高い。
さらに調べるとAndroidiOS用のソフトで音声信号の高調波を利用して電波を疑似的に発生させるJJY Simulatorと言う物がありましたので、去年お役御免になったiPodTouchを使うことにしました。
普段自分の使用しているイヤフォンを使うのはちょっとイヤだったので、あきばおーで2個110円で売っていたA社の旧イヤフォンに似ているもの*2を調達。逆にこのチープさが電波をバンバン漏らしてくれそうな感じです。

ぐるぐる巻きにして電波時計の強制受信を行いました。しばらくすると受信感度が最大になりました。

2分程で同期完了。その後何回かやってみましたが、イヤフォンケーブルを置く位置で受信感度がかなり変わります。色々と試してベストのポジションを調べようと思います。

*1:1週間に一度程

*2:こののイヤフォンのレビュー:音がかなり小さい。鳴っているだけで低音が出ない。ケーブルが本家の物よりかなりショボい。

時計を置くときに困る事

家で時計を何気なくおいていたら、ケースの裏蓋と金属バンドが接触するのでケースの裏蓋に傷がついてきました。
本当は一回一回箱に入れるのがいいのでしょうが、面倒なので量販店の時計売り場に行って「箱の中にあるクッションだけってありますか?」と聞きましたが、「ない」という事でした。ディスプレイ用の台座はあったのですが、そんなに仰々しくなくていいのでパスしました。
Amazonなどを探しても時計用のクッションはなかなかないので、代用品を探しにハンズまで。


やわらかい素材を求め、DIYコーナーへ。自分の時計には発泡スチロールの玉50mmx50mmがぴったり。こいつをかましておけば裏蓋が傷だらけになることもありません。しかもお値段税込み45円。安いので買替が苦になりません。

家で置いておくときはこれで全然いい感じ。


会社で外して置いておくためにちょっと見栄えのいい木の台を発見。こちらは465円と発泡スチロールの10倍。でもディスプレイスタンドより安いし楽*1です。


時計の箱に入っているクッションを普通に小売りすれば買う人もいると思うんですが...

*1:横にしておいていいかは別として